MENU
Business Column

2023年7月31日

この記事に辿り着いたということは、もしかすると売れるメニューの作り方が分からず、悩んでいたりしませんか?

そんなあなたへ、売れるエステメニューの作り方を徹底解説します。

成功するサロンが共通して持つメニューの特徴や、顧客満足度を高めるポイントを学んで、あなたのサロンを次のレベルへと導きます。

一緒に売れるメニューを作り、サロンの成功への道筋を切り開いていきましょう。

売れるエステメニューとは?:基礎知識から学ぶ

エステティックサロンに通う目的は人それぞれで、リラクゼーション、美容の効果、心地よい体験など、さまざまなニーズが存在します。

しかし、これら全てを満たすエステメニュー、それこそが「売れるメニュー」です。

まず、「売れるメニュー」とは何かを明確に理解することから始めましょう。

売れるメニューとは、ただ単に人気がある、つまり多くの人が選ぶメニューだけを指すわけではありません。

それは、お客様の期待を超える結果をもたらし、結果的にリピート率を上げ、口コミでさらに新規顧客を増やすメニューのことを指します。

売れるメニューを作るためには、次の三つの要素が必要とされます。

  • お客様のニーズに応える
  • 高い満足度を提供する
  • リピート率を上げる

まず第一に、お客様のニーズに応えるとは何か考えてみましょう。

これは、リラクゼーションを求めるお客様にはリラクゼーションを、美容の効果を求めるお客様には美容効果を、といったようにお客様一人ひとりのニーズに対応するメニューを作ることを意味します。

次に、高い満足度を提供するとはどういうことでしょう。

これは、ただお客様のニーズに応えるだけではなく、それを上回る効果や体験を提供することを意味します。

例えば、お客様が期待していた以上のリラクゼーションを提供したり、美容の効果が期待以上に現れたりすることがこれにあたります。

そして最後に、リピート率を上げるとは何かを見てみましょう。

これは、お客様が一度エステティックサロンを訪れた後、そのサービスの満足度が高ければ高いほど、再度そのサロンを訪れる可能性が高まるということを意味します。

これら三つの要素を満たすことで、メニューは「売れるメニュー」へと進化します。

それはただ人気があるだけではなく、お客様の満足度を最大化し、リピート率を上げ、新規顧客を引き寄せる力を持つメニューなのです。

しかし、それらを実現するにはどうすればいいのでしょうか。

次のセクションでは、それぞれの要素を深堀りしながら、売れるエステメニューを作るための具体的なステップを見ていきます。

売れるエステメニューの作り方:成功への道筋

それでは、売れるエステメニューの作り方について一緒に見ていきましょう。

これから探るのは、「お客様のニーズの把握」「メニューの種類と魅力の理解」「顧客満足度を高めるメニューの設計」「メニューの価格設定と売り方」の四つのステップです。

これらを順に解説し、エステサロン経営におけるメニュー作りの極意をご紹介します。

STEP 1: お客様のニーズを徹底調査する

まず一歩目として大切なのが、お客様のニーズを徹底的に調査することです。

これはエステサロンのメニュー作りにおける基礎中の基礎。

お客様の求めるサービスを提供できなければ、どんなに良いメニューでも意味がありません。

お客様のニーズを理解することは、エステメニューが売れる一歩目の鍵と言っても過言ではないと言えます。

それでは、具体的にどのようにお客様のニーズを調査するのでしょうか?

以下にいくつかの方法を示します。

  • アンケート調査
  • 口コミやレビューの分析
  • 直接的なコミュニケーション

アンケート調査は、直接的にお客様の意見を聞く最も一般的な手段です。

これにより、どのような施術を求めているのか、またどのような効果を望んでいるのかといった情報を得られます。

さらに、施術後の感想や要望を聞くことで、サービスの改善点を見つけ出すことも可能です。

口コミやレビューの分析もまた、お客様のリアルな声を掴む重要な手段です。

特にネット上の口コミは、公式なアンケートよりもフランクな意見が集まるため、新たな視点を得ることができます。

もちろん、自社の口コミだけでなく、競合他社の口コミもチェックすることで、市場全体の動向を掴むことも可能です。

そして最後に、直接的なコミュニケーションがあります。

これは、スタッフが直接お客様と話すことで、その人が何を求めているのか、どんなことに価値を感じているのかを理解することです。

この方法は、お客様一人一人の微細なニーズを捉えることが可能です。

これらの方法を用いて、お客様のニーズを徹底的に調査しましょう。

その結果をもとに、お客様が求めているものを具現化したメニューを設計することが次のステップです。

STEP 2: メニューの種類と魅力を理解する

さて、お客様のニーズを理解した次のステップは、エステメニューの種類とその魅力を理解することです。

これはエステメニューを作る上で非常に重要なステップなのです。

なぜなら、エステメニューの魅力が理解できれば、それを最大限に引き立てるメニュー作りができるからです。

そこで今回は、エステメニューの代表的な3つのカテゴリー、「リラクゼーションメニュー」「美容効果重視のメニュー」「体験メニュー」を取り上げて詳しく説明していきます。

リラクゼーションメニュー

まずは、「リラクゼーションメニュー」について見てみましょう。

このメニューの最大の魅力は、その名の通り「リラクゼーション」、つまり心身ともにリラックスしてもらうことを目指している点です。

一般的には、アロママッサージやフェイシャルトリートメント、ボディスクラブなどがこのカテゴリーに含まれます。

これらのメニューは、ストレス解消やリフレッシュを求めるお客様にとって非常に魅力的です。なぜなら、

  • 身体のコリや疲れをほぐし、リラックス感を提供する
  • 心地よい香り(アロマ)によって心のストレスを解消する
  • プライベートな空間で非日常を体験できる

といった理由からです。

リラクゼーションメニューは、サービス内容だけでなく、提供する空間やアロマの香り、BGMなど全体的な雰囲気作りも重要な要素です。

これらの要素が一体となって初めて、お客様に最高のリラクゼーションを提供することができます。

美容効果重視のメニュー

次に「美容効果重視のメニュー」です。

この種類のメニューは、具体的な美容効果を得ることを目的としています。

つまり、結果が求められるメニューと言えます。

例えば、エイジングケア(抗老化)を目的としたフェイシャルトリートメント、ダイエットやボディラインの改善を目的としたボディトリートメント、毛穴のクリーニングや美白を目指すフェイシャルケアなどがここに該当します。

これらのメニューの魅力は、

  • 目に見えて分かる結果を提供できる
  • 専門的な知識と技術を活用して具体的な悩みを解消できる
  • 定期的な施術を通じてさらなる美を追求できる

といった点です。

ただし、美容効果重視のメニューを提供するには、その効果を実感してもらうための高度な技術と知識、そして誠実なアフターケアが求められます。

結果が出なければ、お客様を失望させてしまう可能性があるからです。

そのため、このタイプのメニューは、その効果をしっかりと提供できる自信と実績がある場合に選びましょう。

体験メニュー

最後に「体験メニュー」についてです。

これは、新たな体験や感動を提供することに重点を置いたメニューです。

新しい技術やトレンドを取り入れた施術、珍しい素材やアイテムを使用したケアなどが含まれます。

例えば、最新の美容機器を使ったトリートメントや、特定の国や地域の伝統的な美容法を取り入れたメニュー、希少なミネラルやエキゾチックなフルーツを使用したスキンケアなどがこのタイプのメニューです。

体験メニューの魅力は、

  • 他のサロンでは味わえない独自の体験を提供できる
  • 新しい美容のトレンドや情報を発信できる
  • ワクワク感や驚きを提供して、話題作りにつながる

といった点にあります。

ただし、体験メニューを提供する際には、新しい技術や素材の安全性と効果、そしてそれがお客様のニーズに合っているかを確認することが重要です。

新しいものに挑戦する醍醐味を楽しみつつ、しっかりとその価値を伝えていくことが求められます。

以上、エステメニューの3つのカテゴリーを解説してきましたが、それぞれのメニューは一長一短があります。

そのため、これらのメニューをうまく組み合わせ、お客様一人ひとりのニーズに応じた最適なメニューを提供することが、エステサロンとしての成功につながります。

STEP 3: 顧客満足度を高めるメニューの設計

これまでに、お客様のニーズの把握と、エステメニューの多様性について考えてきました。

それらの知識を基に、ここでは満足度を高めるメニューの設計について深堀りしていきましょう。

このステップでは、お客様一人ひとりが求める満足度を追求し、そのためにどのようなメニュー作りが効果的なのか、具体的なポイントとともに考えていきます。

多様なニーズに対応するメニューのバリエーション

すでにお伝えしているように、お客様一人ひとりのニーズは千差万別です。

リラクゼーションを求めるお客様、美容効果を求めるお客様、体験型メニューを楽しみたいお客様…。

そうした多様な要望に応えるためには、メニューも多様でなければなりません。

特別感を出すためのメニュー名とビジュアル

エステのメニュー名は、お客様がその施術を選ぶかどうかに大きな影響を与えます。

独自性を持たせた、わかりやすく、そして心地よさを想起させるメニュー名は、お客様の心を捉える大切な要素です。

例えば、「癒しのアロマトリートメント」や「至福のフェイシャルマッサージ」のような、感情やイメージに訴えるような名前は、お客様の期待感を高めることでしょう。

また、メニューのビジュアルも重要です。

メニュー表やウェブサイトに掲載する画像は、そのメニューの雰囲気を伝えるだけでなく、お客様の欲求を刺激します。

高品質な写真やイラスト、魅力的な色合いの使用など、ビジュアルを通じてメニューの魅力を最大限に引き立てることが重要です。

カスタマイズ可能なメニュー

一人ひとりのお客様に対して最適なメニューを提供するためには、カスタマイズが可能なメニューの設計も有効です。

お客様の肌質や体調、目的に応じて施術内容を変更できるようにすることで、より深い満足度を得ることができます。

顧客の期待を超える施術の工夫

顧客満足度を高めるためのもう一つの重要な要素は、施術そのものの質です。

ただし、これはメニューの設計段階でも考慮する必要があります。

どのような施術を行うか、その流れや順序、使用する製品や道具などを事前に計画し、それをメニューとして体系化することが求められます。

例えば、施術の最初にリラクゼーションタイムを設け、お客様が日常の疲れを忘れるような時間を作り出すといった工夫もあります。

また、施術中に一貫した香りを漂わせることで五感を刺激し、より深いリラクゼーションを提供するというアイデアもあります。

それぞれの施術に合わせた、最適な施術プロセスを設計することで、顧客の満足度を一段と高めることができます。

これらの視点を持つことで、顧客満足度を高めるメニューの設計が可能です。

では、次に設計したメニューをどのように価格設定するかについてお伝えしていきます。

STEP 4: メニューの価格設定

それでは、メニュー作りにおいて非常に重要なステップである「価格設定」について解説をしていきます。

これはビジネスの基本中の基本であり、価格設定が適切でなければ、どんなに素晴らしいメニューを作り出したとしても、それをうまく売り出すことは難しいでしょう。

では、どのように価格を設定すれば良いのでしょうか。今回は主に以下の3つの要素を考慮した価格設定法をご紹介します。

コスト考慮による価格設定

まず考慮すべきは「コスト」です。

これは施術に使う材料費、施術者の人件費、設備やランニングコスト、さらには広告費など、エステメニューを提供するために必要な全ての経費を指します。

これらのコストを把握し、利益を上乗せした価格が基本的な設定価格となります。

項目 詳細
材料費
  • 施術に使用するオイル、クリーム、パックなどの材料費
  • 一回ごとに交換するタオルやディスポーザブル商品の費用
人件費
  • 施術者の給与、研修費用
  • スタッフの待遇改善による長期的な人材確保のための投資
設備・ランニングコスト
  • 店舗の家賃、電気代、水道代など
  • エステ用のマシンやベッドのメンテナンス費用
  • 清掃費用、ゴミ処理費用
広告費
  • 広告宣伝費、販促費用
  • ウェブサイトの運営・更新費用、SNS広告費用

これらを見積もり、その上に適切な利益を上乗せすることで、エステサロンとしての健全な運営を実現しつつ、顧客にとって納得感のある価格を提案することが可能になります。

競争状況に基づく価格設定

次に考慮すべきは「競争状況」です。同業他社のメニュー価格を調査し、それと比較することも重要です。

しかし、ただ単に他社より低価格にするだけでは、利益が出ないばかりか、安さだけが売りのサロンというイメージを持たれかねません。

そのため、どうしても価格競争に出る場合は、「他社よりも価格は安いが、品質は同等またはそれ以上」という価値提案が必要です。

また、逆に他店よりも高価格を設定する場合は、その価格差を裁定する何らかの付加価値を明確に提示することが求められます。

例えば、使用する化粧品の品質、施術者のスキルと経験、施術時間の長さ、サロンの雰囲気や内装、アフターケアの充実度など、それぞれの要素が価格に反映されていると顧客に伝えることで、納得感のある価格設定が可能となります。

価格弾性の理解と適用

最後に「価格弾性」の理解と適用です。価格弾性とは、価格の変動が需給にどれほど影響を及ぼすかを表す指標のことを指します。

簡単に言えば、値上げや値下げした際に、それが顧客の購買行動にどれだけ影響を及ぼすかということです。

例えば、あるエステメニューの価格を10%上げたとき、それによる需要の減少が10%未満であれば、そのメニューは「価格非弾性」であり、価格上昇が利益増加につながると言えます。

逆に、10%の価格上昇による需要の減少が10%以上であれば、そのメニューは「価格弾性」があり、価格を上げることは利益減少につながるということになります。

このように、価格弾性を理解し、適切に適用することで、価格設定の見直しや戦略的な値引き策を用いる際の指針とすることが可能となります。

ただし、価格弾性は常に一定ではなく、季節やトレンド、経済状況などによって変動します。

したがって、定期的に見直しを行い、適応的な価格設定を心掛けることが大切です。

以上がエステサロンにおける価格設定の基本的な考え方です。

コストの理解、競争状況の把握、そして価格弾性の理解と適用。

これら3つの要素を押さえ、それぞれのサロンに合わせた適切な価格設定を行うことで、サロンの健全な運営と顧客満足の向上を両立することが可能です。

エステメニューの販売戦略

さて、エステメニューの設計や価格設定の基本を理解したら、次に考えるべきはそのメニューをどのように販売していくか、つまり販売戦略です。

質の高いメニューを作り出すことは重要ですが、それを上手くマーケットに提供できなければ意味がありません。

ここでは、効果的なプロモーションの設計、口コミを最大化する方法、そして効果的なSNSやウェブサイトの利用方法について解説をしていきます。

 効果的なプロモーションの設計方法

プロモーションとは商品やサービスを顧客に知らせ、興味を持たせ、購買につなげるためのアクティビティのことを指します。

エステメニューを売り出すための効果的なプロモーションの方法は主に次の3つがあります。

  • 新規顧客向けのプロモーション
  • リピーター向けのプロモーション
  • 季節やイベントに合わせたプロモーション

新規顧客向けのプロモーションは、サロンに新たに足を運んでもらうためのキャンペーンです。

初回限定の割引やお試しコースなどを設定することで、顧客の興味を引くことができます。

ここで大切なのは、新規顧客が一度来店したらその後も通い続けるような魅力的なサービスやメニューを用意することです。

一方、リピーター向けのプロモーションは、既存の顧客が継続的にサロンを利用することを促すためのものです。

回数券の提供やポイントカードの導入、リピート割引などを通じて、顧客のリピート利用を奨励します。

リピーターが増えれば売上も安定しますし、顧客との長期的な関係を築くことができます。

最後に、季節やイベントに合わせたプロモーションです。

これは一年を通じてさまざまな機会に応じてプロモーションを展開することで、新規顧客の獲得やリピーターのリピート利用を促すものです。

例えば、夏に向けてのボディケアメニューの割引キャンペーンや、クリスマスやバレンタインなどのイベントを利用したギフト券の販売などが考えられます。

地域に密着したプロモーションのアイデア

エステサロンは地域ビジネスであると言っても過言ではありません。

そのため、地域に密着したプロモーションを行うことは非常に重要です。

以下に、地域に密着したプロモーションのアイデアをいくつか挙げてみます。

  • 地域のイベントに参加する
  • 地域のビジネスとのコラボレーションを行う
  • 地域特有のメニューを作る

地域のイベントに参加することは、サロンの認知度を高め、新規顧客を獲得する絶好のチャンスです。

例えば、地域の祭りやフェアにブースを出展したり、地域のスポーツイベントのスポンサーになるなどが考えられます。

また、地域の他のビジネスとのコラボレーションも有効です。

例えば、近くのカフェやレストランと共同で特別なプランを作り、お互いの顧客に提供するなどが可能です。

これにより、互いの顧客を共有し、新たな顧客を獲得することができます。

さらに、地域特有のメニューを作ることも一つのアイデアです。

地域の特産品を使用したトリートメントや、地域の風土に合わせたメニューを提供することで、他のサロンと差別化を図ることができます。

口コミを最大化する方法

次に重要なのが、口コミを最大化する方法です。

エステサロンにとって、口コミは非常に重要な宣伝手段です。

満足度の高い顧客からの良い口コミは、新たな顧客を引きつける大きな力となります。

反対に、悪い口コミはサロンの評判を下げてしまうため、口コミを良いものにするための工夫が必要です。

口コミを最大化するためには以下の3つのポイントがあります。

  • サービスの質を高める
  • 顧客とのコミュニケーションを重視する
  • 口コミを促す仕組みを作る

まず一番重要なのはサービスの質を高めることです。高品質な施術を提供することで顧客満足度を上げ、良い口コミを生み出す基盤を作ることができます。

次に、顧客とのコミュニケーションを重視することです。

顧客との良好な関係性を築くことで、顧客の満足度を上げるだけでなく、顧客からの信頼も得ることができます。

信頼されると、顧客はサロンを友人や家族に推薦しやすくなります。

最後に、口コミを促す仕組みを作ることです。これは、顧客が自分から口コミを書きやすい環境を作ることを指します。

例えば、SNSやレビューサイトでの口コミの投稿を奨励したり、口コミを書いた顧客に対して何らかの特典を提供したりすることが考えられます。

SNSやウェブサイトの効果的な利用方法

最後に、SNSやウェブサイトの効果的な利用方法について見ていきましょう。

インターネットの普及により、現代のビジネスにおいてはSNSやウェブサイトの活用は欠かせません。

SNSは、サロンの情報をリアルタイムで発信できるだけでなく、顧客とのコミュニケーションをとるツールとしても使えます。

FacebookやInstagram、TwitterなどのSNSを活用し、サロンの雰囲気やメニュー、スペシャルなプロモーションなどを発信することで、多くの人々にサロンの魅力を伝えることができます。

また、ウェブサイトもサロンの情報を発信する重要なツールです。予約システムを導入することで、顧客がいつでも自分の都合に合わせて予約を取ることができます。

さらに、ブログを活用してスタッフの声や、エステに関する情報を発信することで、サロンの人間性や信頼性をアピールすることができます。

以上がエステメニューの販売戦略の基本です。

ただし、これらはあくまで基本的な指針であり、具体的な戦略はサロンの特性や顧客のニーズに応じて柔軟に変えていくべきです。

重要なのは、常に顧客のニーズを考え、顧客にとって最も価値のあるサービスを提供し続けることであることを忘れないでくださいね。

売れるエステメニューの構築を専門家と一緒に

これらのステップを理解し、適用することでエステサロンの経営は確実に改善されるでしょう。

しかし、それらは一筋縄ではいかない場合も多々あります。そんなときには専門家の助けを借りるのが賢明です。

そこで、ここではb-modelsのエステサロン経営コンサルティングをご紹介します。

これまでに歴代美容エステコンサルタントNO1の年間コンサルティング実績を作り上げ、全国198店舗のサロンコンサルティングを行い、80店舗以上の新しいエステのビジネス形態を生み出した豊富な経験を持つb-modelsが、あなたのエステサロン経営を全力でサポートします。

売れるメニューの作り方はもちろん、人材教育、契約率UP、店舗出店・ビジネス開発など、あらゆる角度からのサポートを提供します。

詳しくはb-modelsのコンサルティング詳細ページをご覧ください。
b-modelsコンサルティング内容・メニュー詳細はこちら

具体的なサービス内容について疑問や質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。
無料相談・お問い合わせはこちら

さらに、時間が許すのであれば、b-modelsが提供するエステサロン経営者向けの無料Webセミナーもおすすめです。

セミナーではエステサロン経営のポイントや成功への道筋など、多くの有益な情報を提供します。

詳しくは以下のリンクからご覧いただけます。
エステサロン経営成功の法則解説セミナーの詳細はこちら

そして、時間がない方や、すぐにでも手軽に学びたい方のために、b-modelsではエステサロン経営に必要なノウハウを詰め込んだ8種類のe-booksを提供しています。

b-modelsのエステサロン経営成功のためのe-bookはこちら

あなたのエステサロン経営が次のステップへ進む手助けになることを期待しています。

売れるエステメニューの作り方:まとめ

売れるエステメニューの作り方は、お客様のニーズの理解、メニューの種類と魅力の理解、顧客満足度を高めるメニューの設計、適切な価格設定の4つのステップに分けて考えることができます。

また、これらのステップはメニューの販売戦略にも繋がり、効果的なプロモーションの設計、口コミを最大化する方法、地域に密着したプロモーションのアイデア、SNSやウェブサイトの効果的な利用といった要素が重要になります。

これらのステップと戦略を理解し、適切に適用することで、エステサロンは自分たちのサービスを最大限に活かし、成功へと道筋をつけることが可能になります。

重要なのは、常に顧客のニーズを考え、顧客にとって最も価値のあるサービスを提供し続けることで、お客様がサロンに対する信頼と満足感を高め、リピート訪問を促進することができます。

この記事をシェアする

Related Articles

  • カテゴリ:売上/集客

    個人経営のエステサロンに必要な利益率はどれくらい?計算方法と利益率を上げる方法を紹介

    2023年5月31日 株式会社b-models

    View more
  • カテゴリ:売上/集客

    エステサロンの客単価の考え方と全国の平均単価|客単価を上げる方法も解説

    2023年6月2日 株式会社b-models

    View more
  • カテゴリ:売上/集客,開業

    賃貸マンションでエステサロンを開業するメリット・デメリットとは? 成功させるコツについても紹介

    2023年6月2日 株式会社b-models

    View more

Recommended Contents

経営成功の法則解説セミナー
pagetop