MENU
Business Column

脱毛サロンで儲かるための全てを解説!失敗しない開業戦略もご紹介

2023年7月31日

世界中で需要の高まる脱毛サロン業界。

では、なぜこれほど多くの脱毛サロンが儲かるのでしょうか?

本記事では、儲かる脱毛サロンの特徴、また儲かる脱毛サロンを成功サロンの秘訣を詳しく解説します。

目次

儲かる脱毛サロンの特徴とは?

ビジネスにおける成功の鍵は最適な戦略と儲かる仕組みを理解し、それを活用することにあります。

この考えは、特に競争が激しい脱毛業界においてはさらに重要となります。

そのため、ここでは脱毛ビジネスで利益を出すための特徴と戦略を明らかにします。

儲かる脱毛サロンにはいくつかの共通点があります。

それらは成功のポイントともなる要素で、これらを理解し活用することでサロン経営をより有利に進めることができます。

高品質のサービス提供

儲かる脱毛サロンは高品質の脱毛サービスを提供しています。

これには、先進の脱毛機器の導入、技術の習得、丁寧なカウンセリングなどが含まれます。

顧客の満足度重視

顧客の満足度を最優先に考えるサロンは、リピート顧客を増やし、口コミによる新規顧客の獲得を促進します。

明確なターゲティング

成功している脱毛サロンは、自身のターゲット顧客を明確に理解し、そのニーズに合わせたサービスを提供しています。

効率的なビジネスモデル

脱毛サロンの利益は、コスト管理と収益の最大化のバランスが非常に重要です。

成功しているサロンは、コスト効率の良いビジネスモデルを採用し、最大のリターンを追求します。

脱毛ビジネスの未来予測と最新トレンド

近年の脱毛業界は急速な変化を遂げています。

2023年現在の最新トレンドを把握し、脱毛業界の未来を予測することは、ビジネスの成功において不可欠です。

男性や若年層への脱毛需要が増えていることから、脱毛市場は今後も成長が見込まれます。

その波に乗るためにはターゲット顧客を広げていくことが重要となります。

多くの顧客を担当するためには、より効率的で短時間で結果が得られる脱毛機器を使用するなどの工夫が必要です。

近年では一台で多機能を備えた脱毛機器の需要が増加しています。

特に、IPL、SHR、E-Lightの3つの脱毛方式を搭載した機器は、あらゆる毛質や肌質に対応し、高い顧客満足度を得ています。

また、脱毛だけでなく、スキンケアやバストアップなどの追加的な機能を持つ機器も人気です。

これらの機器を導入することで、脱毛サロンは多様な顧客ニーズに対応し、他の競合と差別化することが可能となります。
おすすめの脱毛機器 IDEALIGHT-イデアライト-

脱毛サロン開業の流れと利益を生む要素

脱毛サロンを開業するためには、特定のステップを踏む必要があります。

それらのステップの一つ一つが利益に直接影響を及ぼす可能性があるため、これらの要素を適切に管理することが重要です。

脱毛サロン開業までのステップ

まずはじめに、具体的なビジネスプランを作成します。

これには目標顧客、予想収益、必要経費、開業場所、使用する脱毛機器などが含まれます。

資金調達

自己資金やローン、投資家からの資金など、ビジネスプランに基づいた適切な資金調達を行います。

適切な場所の選定

高収益を得るためには、ビジネスの立地が非常に重要です。

商業地区、住宅地区、オフィス街など、目標顧客の居住・勤務地を考慮して、サロンの場所を決定します。

設備と機器の購入

選んだビジネスモデルに基づいて、適切な脱毛機器や関連設備を購入します。

また、顧客がリラックスできる空間を作るための内装も考慮します。

適切なスタッフの採用

専門知識と技術を持つスタッフを採用します。

スタッフは直接顧客と接するため、顧客満足度に大きく影響します。

営業許可の取得

地方自治体によりますが、一部では脱毛サロンの開業に営業許可が必要です。

開業前に必要な手続きを行います。

マーケティングと広告

開業前後には、ウェブサイト、SNS、地元メディアなどを活用したマーケティングと広告を行います。

これによりブランドの認知度を上げ、初期の顧客獲得を促進します。

効果測定

マーケティングや広告が効果があったのかを検証します。

より効果的な方法で効率良く少ない費用で販促費を最大限使用するために検証が必要です。

開業場所で違うメリットとデメリット

開業場所の選択は、サロン経営の成功に大きな影響を与えます。

以下に、自宅、テナント、出張サロンという3つの異なる場所で脱毛サロンを開業する場合のメリットとデメリットを挙げます。

自宅

  • メリット:初期費用を抑えられる。家賃が発生しないため、経費を最小限に抑えることが可能。
  • デメリット:プライバシーの侵害。家庭とビジネスが混在することもある。

テナント

  • メリット:商業エリアにある場合、立地の良さから新規顧客を獲得しやすい。プロフェッショナルな印象を与えることが可能。
  • デメリット:家賃が高く、初期投資と維持費用がかかる。商業地区の競争も激しい。

出張サロン

  • メリット:顧客の自宅やオフィスに出向くため、家賃が不要。顧客の利便性を高めることが可能。
  • デメリット:移動時間と交通費が増える。プロフェッショナルな設備を顧客の元へ運ぶのが難しい。

成功するサロン経営の基盤

次に成功するサロン経営の基盤となる重要な要素について解説をしていきます。

適切なターゲティングとスタッフマネジメント

成功する脱毛サロン経営のためには、以下の2つの要素が重要となります。

適切なターゲティング

最初に定めたビジネスプランに基づき、具体的なターゲット市場を特定します。

年齢、性別、収入、地域などの情報を基に、具体的なターゲット顧客を特定し、そのニーズを満たすようなサービスを提供します。

スタッフマネジメント

スタッフはビジネスの顔とも言えるため、適切な人選と育成が重要となります。

技術面だけでなく、顧客サービスのスキルも必要となるため、定期的な研修を実施します。

また、働きやすい環境を提供し、高いモチベーションとパフォーマンスを維持するための労働条件を整えます。

脱毛サロン経営の初期費用とランニングコスト

脱毛サロン経営には多くの費用が発生します。

初期費用だけでなく、ランニングコストも考慮する必要があります。

また、事業リスクも適切に管理しなければなりません。

初期費用

脱毛サロンを開業するには、いくつかの初期投資が必要となります。

主な費用として以下が挙げられます。

店舗設備費

レンタルスペースの家賃、内装や修繕費用、家具や脱毛機器の購入費用などが含まれます。

ライセンスと許可:脱毛サロン経営には特定のライセンスや許可が必要で、これらの取得には費用がかかります。

初期マーケティング費用

開業時にはブランドの認知度を上げるための広告や宣伝活動が必要となります。

ランニングコスト

店舗が開業してからも、以下のような継続的な経費が発生します。

人件費

スタッフの給与、研修費、勤務時間外の手当てなどが含まれます。

機器のメンテナンスと更新費用:脱毛機器の定期的なメンテナンスや、新しい機器への更新には費用が必要です。

家賃と光熱費

店舗の家賃や、電気・水道・ガスなどの光熱費も継続的な出費となります。

マーケティング費用

新規顧客の獲得やリピーターの増加を図るために、広告や宣伝、プロモーション活動には継続的な投資が必要です。

経営コストの節約法と効率的なリソース利用

脱毛サロンの運営における経営コストは、適切な管理と節約方法により最小化することが可能です。

機器の選択

コストパフォーマンスに優れた脱毛機器の選択や、メンテナンスが容易な機器を選択することで、ランニングコストを抑えることが可能です。

スタッフの効率的な配置

スタッフのスケジュール管理を工夫し、無駄な時間を削減することで、人件費を節約することができます。

デジタルマーケティング

効果的なオンライン広告やSNSマーケティングにより、広告費を抑えつつ広範囲の顧客を獲得することが可能です。

脱毛サロン開業で陥る可能性のある失敗とその対策

脱毛サロンの開業に際しては、事前の準備と計画が重要です。

以下は、開業時に陥りがちな失敗とその対策を示します。

市場調査の不足

開業場所の選定や価格設定などにあたっては、事前の市場調査が不可欠です。

対象とする顧客層のニーズや競合他社の状況を把握することで、適切なビジネスプランを策定できます。

初期投資の過大評価

開業初期の投資が多過ぎると、利益を上げるまでの期間が長くなりリスクが高まります。

必要な投資を見極め、コスト効率の良い選択をすることが重要です。

人材管理の不備

スタッフの研修やマネジメントが不十分な場合、サービスの質が下がる可能性があります。

定期的な研修やフィードバック、適切な報酬制度を設けることで、スタッフのモチベーションを保つことが可能です。

フランチャイズと独立開業はどちらが利益を上げやすい?

脱毛サロンの経営方法は大きく分けて、フランチャイズ方式と独立開業方式の2つがあります。

どちらを選ぶかは、自身のビジネススキル、資金力、経営の自由度への希望など、様々な要素により決まります。

フランチャイズ開業のメリット

まずはフランチャイズ開業のメリットについてお伝えしていきます。

ブランドの信頼性

既に確立されたブランド名を利用することで、新規顧客の獲得が容易です。

システムとノウハウの提供

フランチャイズ先から提供される運営ノウハウやシステムを利用することで、ビジネスをスムーズに開始することが可能です。

集客支援

フランチャイズ先からのマーケティング支援により、集客の手間を省くことができます。

フランチャイズ開業のデメリット

次にフランチャイズ開業のデメリットについてお伝えしていきます。

自由度の制限

ブランドのイメージを守るため、サービス内容や価格設定などに自由度が制限される場合があります。

ロイヤリティー

フランチャイズ先への定期的な支払いが必要となるため、利益率が下がる可能性があります。

ロイヤリティと提供されるノウハウが見合っているかを確認する必要があります。

フランチャイズ先との関係性

フランチャイズ開業は問題が起きた際に加盟店の本部に相談したり、助言や支援を求めたりすることもできますが、関係性が悪いとそれらの恩恵が受けられなくなります。

フランチャイズ先との良好な関係性を維持することが求められます。

個人経営のメリット

個人経営、または独立開業方式では、全ての経営決定が自分自身によるものとなります。

まずは、個人経営のメリットについてお伝えしていきます。

高い自由度

価格設定やサービス内容、マーケティング手法など、全ての決定を自由に行うことができます。

利益全額の収益化

フランチャイズ方式のようなロイヤルティーが必要なく、得られた利益は全て自己のものとなります。

個人経営のデメリット

次に個人経営のデメリットについてお伝えしていきます。

集客力の問題

知名度のあるブランド名を背にするフランチャイズと異なり、独立開業では自己のブランドをゼロから育てる必要があります。

そのため、初期の集客が難しい場合があります。

ビジネススキルの必要性

全ての経営判断を自己で行うため、経営全般に関する知識やスキルが求められます。

リスクの全負担

失敗した場合の経済的リスクを全て自己負担する必要があります。

失敗しない脱毛サロン開業のための具体的な戦略

脱毛サロンを開業するにあたり、あらかじめ計画的かつ戦略的なアプローチを取ることが重要です。

具体的な戦略とは、成功へのパスを明確に描き、その道筋に沿って進めていく手順や方法のことを指します。

資金調達

初期投資や運転資金など、サロンを開業するにあたっては必要な資金を見積もり、その調達方法を計画します。

個人資産、銀行からの融資、投資家からの資金提供など、資金源は様々です。

また、政府からの補助金や助成金を活用することも可能です。

収支計画

資金調達後は、収益と支出の詳細な計画を立てることが重要です。

初期投資費用、固定費(家賃や人件費など)、変動費(広告費や商品購入費など)を見積もり、それに対しての収益計画(脱毛料金×顧客数)を立てます。

収益モデルの設計

具体的な収益モデルを設計します。

これには、脱毛サービスの料金設定、施術回数、販売する商品等が含まれます。

予測と実績の比較

開業後、収支の実績を定期的に追跡し、予測とのズレを確認します。

収益が予測より低い場合や、支出が予測より高い場合は、その原因を分析し、必要な改善策を講じます。

適切な価格設定とサービス提供

価格設定は、サロンの収益を決定する重要な要素です。

それは単にサービスの価値を反映するだけでなく、サロンの位置付けやブランドイメージを顧客に伝える役割も果たします。

市場調査

市場の動向を理解し、競合他社の価格設定を調査します。

あなたのサロンが提供するサービスの質と比較して、価格が適切であることを確認します。

コストプラス価格設定

あなたのサロンが提供する各サービスのコストを計算し、それに利益率を加えた価格を設定します。

価値ベースの価格設定

サービスの提供価値を評価し、顧客がその価値に対して支払いたいと思う価格を設定します。

サービス提供については、顧客満足度を最大化するための要素を常に考えることが重要です。

これには、施術の質、スタッフの接客スキル、サロンの雰囲気や清潔さ、アフターケアの徹底などが含まれます。

集客方法とクロージングの強化

集客方法とクロージングの強化についてもお伝えしていきます。

集客方法

マーケティング戦略の一環として、集客方法を策定します。

これには、ウェブサイトやSNSでのオンラインマーケティング、口コミやリピーター割引などのオフラインの推奨、地域イベントへの参加などが含まれます。

クロージングの強化

一度来店した顧客をリピーターに変え、そのリピーターを継続的な顧客に変えるためには、クロージングスキルが必要です。

これには、施術後のケアの説明、次回予約の提案、定期的なフォローアップなどが含まれます。

b-modelsのサポート:脱毛サロン経営の成功への一歩を専門家と共に

当記事でお伝えしたポイントを把握し、適用することで脱毛サロンの経営は確実に向上するでしょう。

しかし、それらは容易に達成できるものではない場合も多く、専門家の助けを借りるのが賢明です。

そこで、ここではb-modelsの脱毛サロン経営コンサルティングをご紹介します。

これまでに脱毛サロンの経営コンサルティングで数々の成功を収め、新たなビジネスモデルを生み出すなどの豊富な経験を持つb-modelsが、あなたの脱毛サロン経営を全力でサポートします。

ターゲティング方法の選択、人材教育、マーケティング戦略の立案など、あらゆる角度からのサポートを提供します。

詳しくはb-modelsのコンサルティング詳細ページをご覧ください。
b-modelsコンサルティング内容・メニュー詳細はこちら

サービス内容についてはもちろん、他にも現在悩んでいることなどありましたらお気軽にご連絡ください。
無料相談・お問い合わせはこちら

さらに、時間が許すのであれば、b-modelsが提供する脱毛サロン経営者向けの無料Webセミナーもおすすめです。

セミナーでは脱毛サロン経営のポイントや成功への道筋など、多くの有益な情報を提供します。

脱毛サロン経営成功の法則解説セミナーの詳細はこちら

そして、時間がない方や、すぐにでも手軽に学びたい方のために、b-modelsでは脱毛サロン経営に必要なノウハウを詰め込んだ8種類のe-booksを提供しています。

b-modelsの脱毛サロン経営成功のためのe-bookダウンロードはこちら

あなたの脱毛サロン経営が次のステップへ進む手助けになることを期待しています。

まとめ

脱毛サロン経営成功の秘訣は、最適な脱毛方法の選択、適切な経営戦略、コスト管理とリスク対策、そして顧客対応の強化にあります。

フランチャイズと独立開業の選択、具体的な開業計画、適切な価格設定とサービス提供、効果的な集客方法とクロージングの強化など、脱毛サロン経営の全体像を理解することで、より成功に近づくことが可能です。

 

この記事をシェアする

Related Articles

  • 脱毛サロン開業に必要な資金はいくら?資金調達や費用を抑える方法
    カテゴリ:開業

    脱毛サロン開業に必要な資金はいくら?資金調達や費用を抑える方法

    2023年6月2日 株式会社b-models

    View more
  • カテゴリ:開業

    フェイシャルサロン開業、あなたの夢を現実に!一緒に成功への道を歩みましょう

    2023年7月31日 株式会社b-models

    View more
  • カテゴリ:開業

    エステサロン独立・開業の現実|想定年収や開業手順・成功のコツを解説

    2023年5月31日 株式会社b-models

    View more

Recommended Contents

経営成功の法則解説セミナー
pagetop