MENU
脱毛サロン開業に必要な資金はいくら?資金調達や費用を抑える方法
Business Column

脱毛サロン開業に必要な資金はいくら?資金調達や費用を抑える方法

2023年6月2日

「脱毛サロン開業するのにいくらかかる?」

「脱毛サロン開業費用を抑える方法はあるの?」

「脱毛サロン開業するのにまとまった資金を用意できるか不安」

など、脱毛サロンを開業するにあたり上記のような疑問や悩みが出てくるかと思います。脱毛サロンは飲食店や美容院などと比べると低資金で開業できるといわれていますが、ある程度まとまった資金は必要です。実際に開業後すぐに資金不足に陥り、廃業に終わる脱毛サロンもあるのです。

そこで本記事では、開業に必要な費用目安や開業資金を抑える方法、開業資金の調達方法について紹介します。また脱毛サロン開業で失敗しないための注意点も紹介しますので、ぜひこれを参考に脱毛サロン経営を成功さましょう。

脱毛サロンの開業資金は300万円以上!費用目安と内訳

脱毛サロンの開業資金の費用目安と内訳

脱毛サロンの開業資金は開業する場所によって変わりますが、300万円以上用意する必要があります。

費用と内訳は以下のとおりです。

  • 業務用脱毛器:100万円~
  • 施術に使用する設備や消耗品:20万円~
  • 物件の賃貸料:30万円~
  • 広告宣伝費:30万円~
  • 開業後の運営資金:120万円~

それぞれ詳しく解説します。

業務用脱毛器:100万円~

開業資金でもっとも高額になるのが業務用脱毛器です。安くても100万円以上、高いものだと500万円ほどするものもあります。中古や型落ちした脱毛器もありますが、脱毛効果が低かったり、サポート体制がなかったりと開業後にトラブルの元になる可能性もあるので、古い機種を購入する際は十分に気を付けましょう。

また脱毛器は顧客満足度に直結する重要な商売道具であり、費用を抑えるよりも「ターゲット層に合うか」を第一に考えることが大切です。お客様に合う脱毛器を導入することは、顧客満足度やリピート率の向上に直結するでしょう。

施術に使用する設備や消耗品:20万円~

脱毛サロンでは、業務用脱毛器以外にも施術に必要な備品や消耗品はたくさんあります。

  • ベッドやスツールなどの設備:10万円~
  • タオル、シーツ、紙ショーツなどの消耗品:10万円~

備品はこだわればこだわるほど値段も高くなりますが、たとえばお客様に直接関与しない文房具や掃除用具などの備品に関しては、ネット通販のまとめ買いを活用すると費用は抑えられます

物件の賃貸料:30万円~

自宅以外でサロンを開業する場合は、物件の賃貸料も必要になります。

賃貸料によって必要な費用は変わってきますが、初期契約には敷金・礼金の支払いもあるため3,4ヶ月分の賃貸料を用意する必要があるでしょう。

たとえば賃貸料10万円の物件を契約する場合、敷金・礼金がそれぞれ1ヶ月分として30万円が必要となります。

敷金・礼金も物件によって変わるので、いくら必要になるか内見の申し込みと同時に質問するとよいでしょう。

広告宣伝費:30万円~

開業時にお客様にサロンの存在を知ってもらうため、広告宣伝活動はたいへん重要です。お客様に脱毛サロンの存在を認知していただけるほど集客が加速し、集客したお客様がリピーターとなることで売上アップにつながります。

近年はインターネットやスマートフォンの普及によって、SNSの利用者も増加しています。SNSは無料でアカウントを作成できるため、無料で宣伝活動をしようと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、無料でアカウントを作成し情報発信するだけでは多くのユーザーにはなかなか到達できないのが実情です。SNSでも有料広告を活用することをおすすめします。

またサロンが狙っているターゲット層にとって、どの媒体の広告が集客効果をあげているのかを知るためにも、開業当初は口コミサイトに登録したり、地域のフリーペーパーに掲載の依頼をしたりとさまざまな宣伝活動方法を行うとよいでしょう。

そのため、広告宣伝費用にも開業前からまとまった資金を用意することをおすすめします。

開業後の運営資金:120万円~

開業後、脱毛サロンの経営が軌道にのるまでの運営資金を用意しておきましょう。サロン開業後から経営が軌道に乗るまでには時間がかかります。その間にサロン運営の資金不足で廃業とならないためにも開業時には十分な運営資金の用意があると安心でしょう。

脱毛サロン運営資金のおおまかな内訳は以下のとおりです。

  • 物件の賃貸料:7万円~
  • 光熱費・通信費など:3万円~
  • 施術に必要な消耗品:5万円~
  • レジやクレジットカード決済など:5万円~

物件の賃貸料により変わりますが、1ヶ月に必要な運営資金は20万円程度です。

「1ヶ月の運営費20万円×6ヶ月分=120万円」として、運営資金に充てられる資金が120万円以上あると、経営が軌道に乗るまでの資金難を避けられるでしょう。

脱毛サロンの開業資金を抑える方法

脱毛サロンの開業資金を抑える方法

脱毛サロンは開業時に用意しなくてはならない機器や設備が少なく、飲食店などと比べると開業資金は低額です。とはいえ、少しでも費用を抑えて開業したいという方も多いでしょう。

そこで、ここからは脱毛サロンの開業資金を抑える方法について解説します。

  • 自宅の一室で脱毛サロンを開業する
  • フランチャイズ経営で開業する
  • 分割払い・レンタルを活用する

自宅の一室で脱毛サロンを開業する

脱毛サロンの開業資金を抑えるには、自宅の一室で脱毛サロンを開業する方法がおすすめです。

脱毛サロンの自宅開業はとくに地方の一軒家などでよく見られるケースで、使わなくなった部屋を活用することで賃貸料を削減できます。

物件を契約すると、最初に敷金・礼金の支払いも必要なため賃貸料の3,4ヶ月分の資金が必要です。

たとえば賃貸料7万円の物件を契約する場合、7万円×4ヶ月=28万円が必要となります。また開業後、サロン経営が軌道に乗るまでの賃貸料も用意すると、7万円×6ヵ月=42万円です。

自宅の一室をサロンとして活用すると賃貸料がかからないため、大幅に初期費用が抑えられます

自宅に家族が使わない部屋があるのなら、自宅の一室で脱毛サロンを開業することも視野に入れましょう。

フランチャイズ経営で開業する

脱毛サロンの開業資金を抑えるには、フランチャイズ経営で開業する方法もあります。

フランチャイザーにもよりますが、本部が業務用脱毛器や備品を用意してくれたり、経費の一部を負担してくれたりなど初期費用を抑えられることもあります。またフランチャイザー本部が加盟店として、広告を投稿してくれることも多く、開業時には欠かせない宣伝活動費も抑えられることもあるでしょう。

ただし、フランチャイズ経営をする場合はロイヤリティを支払う必要があります。ロイヤリティの支払いがどの程度になるか、またロイヤリティの算出方法なども事前に確認しましょう。

分割払い・レンタル・リースを活用する

脱毛サロンの開業資金を抑えるには、分割払い・レンタル・リースを活用するのもよいでしょう。開業時に最も高額となる業務用脱毛機器をレンタルやリースで導入すれば、初期費用は抑えられます。また備品など開業時にはいろいろと物入りなため、分割払いにして支払いを分散させるのもよいでしょう。

しかしレンタルやリースを利用する場合は、月々のサロン運営費が高くなるので注意が必要です。運営費用を抑えるのもサロンを経営するうえで重要なポイントになります。初期費用だけではなく運営費のことも十分に検討したうえで、分割払いやレンタル・リースを検討しましょう。

脱毛サロン開業資金の調達方法

脱毛サロン開業資金の調達方法

脱毛サロンの開業資金を貯蓄から捻出できない場合、下記の方法で資金調達を行うことになります。

  • 銀行などの金融機関から融資を受ける
  • 日本政策金融公庫の融資を受ける
  • 助成金・補助金を活用する

ここではそれぞれの方法について、詳しく解説します。

銀行などの金融機関から融資を受ける

資金調達といえば、都市銀行、地方銀行、信用銀行などの金融機関からの融資を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

銀行など金融機関からの融資は、過去の実績や業績などが審査対象になるため、実績がない新規参入者が融資を受けられる確率はかなり低いでしょう。しかし審査基準も銀行によって変わるので、ひとつの銀行の審査が通らなかったとしても、他の銀行に申請するなどいくつかの金融機関で相談することをおすすめします。

銀行などの金融機関からの融資を考えている場合は、「事業計画書」や「返済計画書」を作りこみましょう。融資の申し込みをする際には、さまざまな書類を提出する必要があり、とくに「事業計画」や「返済計画」に説得力があると融資の可能性も高まります。

日本政策金融公庫の融資を受ける

資金調達方法のひとつに、日本政策金融公庫の融資制度を活用する方法があります。日本政策金融公庫とは、政府が100%出資している政府系金融機関です。個人事業主やフリーランスなどの中小企業の支援を目的としており、さまざまな融資制度が提供されています。

これから起業する方、起業開始後おおむね7年以内の方、女性・若者・シニア起業家、などさまざまな対象者への支援制度を設けているのでご自分に合った融資制度の申し込みを検討するのもよいでしょう。

また一度、事業に失敗している方を対象とした融資制度もあるので、過去失敗しているから難しいと諦めずに再チャレンジしてみるのもおすすめです。

日本政策金融公庫の融資の詳細はこちら

助成金・補助金を活用する

資金調達方法のひとつに、国や都道府県などの公共団体が提供する助成金・補助金を活用する方法があります。先述した銀行や日本政策金融公庫の融資には返済が必要ですが、助成金・補助金のなかには返済不要のものもあります。

資金不足や資金調達に不安な方は、ぜひ助成金・補助金の活用も視野に入れましょう。都道府県や地域によって、金額など条件が変わるので開業予定の地方自治体で事前に確認することをおすすめします。

関連記事:エステサロンの開業に役立つ助成金・補助金8選|申し込みの注意点も紹介

脱毛サロン開業を失敗しないための注意点

脱毛サロン開業を失敗しないための注意点

最後に、脱毛サロン開業を失敗しないための注意点を2つ紹介します。

  • コンセプトを明確化する
  • 経営知識やノウハウを学ぶ

コンセプトを明確化する

脱毛サロン開業の失敗を防ぐために、サロンのコンセプトを明確にしましょう。

脱毛サロンは開業に資格が不要で初期費用も比較的安いことから、開業のハードルが低く競合が多い業界です。競合店が多いなか、コンセプトが曖昧で他店との差別化がないと埋もれて失敗に終わってしまう可能性が高まります。

明確なコンセプトがあると、狙っているターゲット層に合ったサロン作り、メニュー作成、脱毛器の選定など、強みのあるサロンを作ることができます。結果、競合店との差別化もでき生存競争にも勝ち残れるサロンとなるでしょう。

経営知識やノウハウを学ぶ

経営知識やノウハウをきちんと学びましょう

経営知識や経営ノウハウが身についていないと、顧客の心理を読んだマーケティングや顧客に合ったメニューの提供などができずに集客で失敗したり、固定客がつかなかったりと経営が行き詰まってしまいます。

経営知識やノウハウが身についていると、サロンを経営していくうえで重要なマーケティング、競合店の分析、収支バランスなどを見ながら、常にサロンの経営状況を把握できます。そのため経営状況が悪化した場合でも素早く軌道修正ができ、失敗する前に対策を立てることができるでしょう。

脱毛サロン経営は開業前の準備が大事

脱毛サロン経営は開業前の準備が大事

脱毛サロン開業に必要な資金、開業資金を抑える方法、開業資金の調達方法などについて紹介しました。

脱毛サロン経営を成功させるためには、コンセプトの明確化や、十分な資金の調達、経営知識・ノウハウ習得など、開業前の準備が重要となります。ぜひ本記事を参考に、資金調達の方法や開業資金を抑える方法など脱毛サロン開業準備にお役立てください。

はじめての開業で不安な方は、ぜひ私たち「b-models」にお任せください。

b-models は経営コンサルティングをはじめ、業務用エステ機器の販売、サロン技術・スクール事業などを展開するエステティックサロン専門商社です。

b-models が提供するエステ経営コンサルティングのサービスの一部を紹介します。

  •  エステ集客・販促コンサルティング
  • エステ採用・人材教育コンサルティング
  • エステ契約率 UP コンサルティング
  • エステ出店・ビジネス開発コンサルティング

その他にも、エステ経営者様向けの経営成功セミナーを無料で開催しています。

詳しくは下記のページよりご確認いただけます。

b-models エステ経営コンサルティングの詳細はこちら

b-models コンサルティングメニューの詳細はこちら

エステサロン経営成功の 法則解説セミナーの詳細はこちら

資料請求・お問い合わせはこちら

 

この記事をシェアする

Related Articles

  • カテゴリ:開業

    自宅でエステ開業には資格が必須?開業から経営まで成功のポイントを解説

    2023年7月31日 株式会社b-models

    View more
  • カテゴリ:開業

    脱毛サロン開業の夢、叶えませんか?初心者からでも安心スタート

    2023年7月31日 株式会社b-models

    View more
  • エステサロンの開業で使える助成金7選|補助金・融資や事業計画書の書き方も解説
    カテゴリ:開業

    エステサロンの開業で使える助成金7選|補助金・融資や事業計画書の書き方も解説

    2021年12月17日 株式会社b-models

    View more

Recommended Contents

経営成功の法則解説セミナー
pagetop